« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月29日 (金)

プロスポーツ選手や、何かで成功した人は必ずといっていいほど「夢を持つことは良いことだ」と言います。

けど松坂投手は「夢は見ることは出来ても叶わないモノだから、夢ではなく目標です。」といい

ヤワラちゃんこと、柔道の谷選手は「目標を達成すると、満足してしまって次へのモチベーションが下がるから、目標は持たないようにしていますと言っていました。

「通過点」って事なんでしょうね。

なんだかなぁ

┐( -"-)┌

みんな強いというか、どうやってモチベーション上げるんでしょうね?

スッゴイ強い物が芯に無いと、夢も目標も持たずに厳しい練習なんて出来ないですよね!

 

まぁ長い前置きになりましたが、Kojiはもちろん両方持ちます!

ただ、目標は2種類と夢は持ちたいだけ持ちます(笑)

思いっきりジャンプしても触れるかどうかの“現実的な目標”と、“現実的な目標が達成できれば不可能じゃないんじゃない?”という位置に置く目標です。

こうやって目標はどんどんステップアップして到達地点を作らないのがKoji的モチベーションアップ術です。

そして夢は“絶対に今は無理だけど、実現させたいモノ”と位置付けています。

そしてこの度、遂に夢に向かって始動?というか第2段階に入りました!!

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!

そしてKojiの“夢”というのが…些細なモノなんですけど、昔からの夢なんです♪

90歳や100歳で夫婦でラウンド(ゴルフで全ホール回る)する事なんです(笑)

なんか健康的で、人生を謳歌(おうか)している感じが良くないですか?

しかし、それには高いハードルがあって

「奥様がゴルフをする」という絶対条件があるんですね

(^^;)

もちろん結婚するときにもいいましたよ!

でも答えは「えー!ゴルフしたいと思わないから無理」でした

ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!

しかし先日、何を思ったのか「天気がいいからゴルフがしたい」と言ってくれたのです♪

そして初打ちっぱデビュー!

先ずKojiがお手本(たいしたこと無い)を見せて、今まで勉強した変な癖が付かない方法でスイングをさせました。

カシュ ∑⌒=○

「真直ぐ飛んでんじゃん!」

「才能あるからね♪」

「おお!!普通最初は当たらないモノなのよ!」

「楽しいねぇ♪」

Kojiの重いクラブにもかかわらず、最初から当てるどころか、真直ぐ飛ばせたのは驚きでした。

まぁ先生がいいからね♪

…せ、センスがあるのかな、うん、そうだ、そうに違いない

(;゚Д゚)

まぁ何はともあれ、天気がいい朝や、過ごしやすい陽気の夜は

「打ちっぱ行きたい♪」

と言ってくれるので嬉しい限りです♪

夢に向かって第2段階クリアー!

楽しくなって来たぞぉ~

O(≧∇≦)O

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2007年6月25日 (月)

キャンプ

このシーズンはやっぱりキャンプに限りますよね♪

先週奥様とキャンプをしたんですけど、もう足が筋肉痛で…

ん?ビリーズブートキャンプですけど何か?

今流行りということもあって、アンチエアロビなKojiですが

ビリーのキャラが好きなのでやってみました!

しかし!正直ナメテました!

本人がどこまで厳しく追い込むかにもよるんでしょうけど、結構きついですよ

(^^;)

ビリーのトークが面白くてノリノリで出来て、きつくなると励ましてくれる

なかなか粋な隊長ですな♪

まぁ正直ハードなトレーニングなので、家で一人でやるより、友達を呼んでみんなで楽しく励ましながらやった方が長続きするかもしれないですね!

ヴィクトリー!!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年6月19日 (火)

人体の不思議展

人体の不思議展に行ってきました…

って分かりますかね?

本物の身体を特殊な技法で加工して、展示してあるんです。

詳しくはhttp://www.jintai.co.jp/index_top.html

勉強&身体フェチのKojiとしては是非行きたい展示会です。

しかし、行ってみて思った以上の混みようにビックリ!!

券買う所並んじゃってるんですもん…

意外に身体フェチって多いのかしら

(^^;)

他のお客さん達が

「うわー気持ち悪い~」

「スゲー!これ本物?」

などと会話する中

Kojiと奥様の会話は

「うわぁ良くこんなにキレイに神経抜けたね♪」

「想像以上に脳って小さいね」

「この坐骨の辺りが難しくてねぇ」

「この膝の関節の隙間をほぐしてあげると…」

などと、他の人たちからはどう映ったのでしょうね?

「変な連中だな」とでも思われたんでしょうか…(汗)

 

途中、正常な肺とタバコを吸っている人の肺が並んで展示してあり、それを見た子供が

「これは僕とママの肺で、こっちの汚いのがタバコ吸ってるからパパの肺だね」

なんて言っているものですから思わず

「正解!」

っと声をかけてあげたんですが、苦笑いされちゃいました

ヾ(▽^;)

なかなか面白い展示会でしたよ♪

やはり、自分の身体のことを知らないというのは罪な気がするんですよね!

欲を言えば、ポーズをとっているときの筋肉の動きなんかも見たかったですけど、物理的に不可能なんで残念です…

 

Kojiのお客さんで、以前東京に身体の不思議展を見に行ったとき

一緒に行ったお友達が展示されてる身体に向かって

「お勤めご苦労さまです」

と、挨拶していた、なんて笑話をしていたんですけど

あれは分かる気がしますね!

 

お勤めご苦労さまです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

感動の一歩

スポーツ大好きなKojiは、チームでは無く人を応援するタイプです。

まぁ現在も何人か応援している人はいますが、その中でも最も古くから応援している選手がメジャーのマウンドに立ちました

別にかっこいいわけでもないし、気持ちのいい速球を投げるわけでも、三振をたくさん取るわけでもない、背も低い…

先天的に持っている、投手としてのアドバンテージはゼロといって良いほど無い

武器は、教科書と言われるくらいキレイなフォーム、ビックリするくらいの球種、コントロール、そして一番の武器は気持ちの強さ

後天的に努力で身に付けたモノのみで戦う彼が大好きでした。

そう!桑田真澄投手です。

語ると長くなるので端折りますが、簡単に言うと

恐らく世界で数本の指に入るであろう、というくらい初心を大切にする諦めの悪い選手です(笑)

彼はスポーツ選手であると同時に、哲学者であり、武士(もののふ)なんでしょうね

辛い挫折を味わったときの気持ちを忘れないために、その当時食べていた物を未だに食べ続けていたり、新しい事にチャレンジするときは、苦しいリハビリをした場所に立ち寄って、当時の気持ちを思い出してから現地入りしたり…

まぁ奥さんは大変でしょうね(笑)

球界にもファンがとても多く桑田投手を師事する選手は多いです。

どこまで通用するか分かりません、前評判通り通用しないかも知れません!

でも見てやってください、映画「ラストサムライ」のラストのような「勝てないかもしれない…けどただでは負けてやらない」という勝負に対する諦めない姿勢を!

見てる人に、必ず何かをくれる人ですから。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »